やり直し☆バイリンガル育児

2004年6月生まれ、長男りゅうちんと2008年10月生まれの次男たっくん、2012年4月生まれの三男ハルくんの英語育児記録です(^^)/
No  2526

期末テストと通知表


あ~っという間に前回の更新から1か月経つんですね(;´・ω・)


りゅうちんの期末テストの点数は96点でした。

やっぱり100点は取れないのね(;'∀')


テストはまぁまぁ良かったので、5がつくのかしらと思っていたら通知表は4でした・・・・。

項目が5つぐらいあって、全部Aじゃないと5はつかないのだそうで・・・。


何がBだったのか見てみたら「英語を使ってコミュニケーションを取ろうとする姿勢、態度」でした(~_~;)


へえ・・・ Bがつくほど出来てなかったんや???と思って担任の先生(国語の先生)にちょっと聞いてみると「う~ん、手を挙げて発表とかしてなかったのかな~?」と。

するとりゅうちんは「発表はめっちゃした」と。


明るく、楽しく、はつらつと!!!じゃないとAはつかないのでしょうか・・・・

普通に発表してるだけだと、コミュニケーションを取ろうとする姿勢た足りない!となるのでしょうか??



なんとなくモヤっと(笑)


1年生の時は内申関係ないとはいえ、テストでこの点を取っても発表しても5つかないのかあ。となると性格が変わるわけじゃないから、これからもそうなのかな。

それとも先生が変わったら、また変わるのかな~~???




ちなみに、英語の先生からスピーチコンテストに出ないかという打診があったらしく、もちろんりゅうちんは出ないと断ったのですが、別にそれは影響しないですよねえ。


英語の授業に関してはまだまだ書きたいことがあるんですが、覚えていたら夏休み中に書きたいと思います(;^ω^)




にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | りゅうちん英語育児 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  2524

中学校のりゅうちんの英語

ただいま期末テスト前です。


先月の中間テストでのりゅうちんの英語は90点でした。

アポストロフィー忘れたり、ピリオド?忘れたり??なんかよく分かりませんが、つまらないミスをしてその点数だったようです。

平均点は70点ぐらいだったかな??


勉強しないで90点取れたら、親子英語をやっていて良かった~~と思えるところかもしれません。

でもこれから学年が進んだら、日本語訳や英作文というものが出てきて親子英語の子たちはちょっと苦労するというか、学校の先生の採点基準に合わない答え(まだ習ってないとか)などで苦労することもあると聞くのでちょっとそれなりに勉強しておいたほうがいいのかな?という気もします。



ちなみにりゅうちんはなぜかブログを読んでいる人に賢い子と思われていることが多くてほかの教科もよく出来るんでしょう??って聞かれるんですが、いたって普通です。

出来ないことはないですが、決して出来ることもないです。

通知表は軒並み普通な感じでした。


中間テストの1週間前に学校から宿題に出されたテスト範囲のワークはぎりぎり終わらせて、全教科平均点よりは上でしたが、やっぱりそんなによく出来るというわけでもないです。

むしろ算数がちょっとヤバい空気を出してたので3月から週に1回だけ数学だけの塾に通い始めたんですが、その数学が一番悪かったという・・・・(~_~;)


何になりたいとかはない子なんですが、勉強ができれば選択肢は増える・・・というのは間違いないので、できれば普通に賢くなってほしいなと思うけど、とりあえず今の状態を維持できるようにしたいなとは思います。

意外と1年の1学期の中間で0~40点ぐらいの点数を取っている子が多くて驚きました。


それで平均点が下がっているのだろうから、平均点より上でも出来る!ってわけではないんですよね~~。


せめて英語は「できる!」と言えるぐらいの点を取っていてほしいな。

そもそも私はそのために子どもに英語を、と思ったんですから・・・・(;'∀')



にほんブログ村


別窓 | りゅうちん英語育児 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  2510

今更ですが準1級のりゅうちんの素点


素点がネットで見られる日があったと思うんですが・・・ 合格という結果を見て受験票をさっさと捨ててしまった私(;'∀')

ログインできず(;'∀')


証書が届いてからも、アップしようと思いながら、遅くなってしまいました。



合格は合格でしたが、りゅうちんと私が「きっとダメだ」と思っていた手ごたえは間違いじゃなかったんじゃないかな?という素点でした。

IMG_20170306_180530.jpg

これが結果ですが・・・・

久しぶりに見たわ~~~ アティチュード1点(笑)

親子英語の子でここが1点って、あまり見ない気がするんですが、どうなんでしょう???(;'∀')

たっくんはどうだったっけ???



そしてQ&Aも半分。どういう配点か分からないけど最後の1問は0点だったんじゃないかなと思います。

あ、1点はもらえるんでしたっけ。


とりあえず加点はなかったと思います。答えてないんだから(;'∀')



そして時間が余ったはずのナレーションが、割といい点取れてました。

まぁ、ここがなければ確実に落ちていたということですねえ・・・・



練習で、親の私が言うのもなんですが、ナレーションは上手だったんですよね。

でも記事にも書いたように、スラスラ読みすぎて時間がめちゃくちゃ余る。


内容はこれ以上付け足せない、でも時間が余る。とレッスンしてもらっていた先生にも言われてました。

ゆっくり読む以外に解決法はない、と。


早く終わったけど内容的には足りているということだったのでしょうか。



何はともあれ、良かった・・・・・

りゅうちんは本当に遊んでばかりで(私がそうさせてしまったんだけど・・・)やっぱり難しい知識とかが全然ないんですよね~

サイエンス的なことに関する興味が高い男の子、親子英語の子供たちの中にもいますが、りゅうちんはそれも全然。


本当に普通の小学校6年生なので、準1級の問題は難しかったのだろうなと思います。



受かるんじゃ???と思って受けさせたものの、意外と時間がかかりました・・・・

それもこれも、やっぱりライティング能力の低さが原因なんですよねえ・・・・・



急いで受けることはない、と思いつつ、受かるんだったら・・・・と思ってしまったのですが。

りゅうちんはこれで何度も言いますが、もう英検を受けることはないです。

本人が受けたいと将来思わない限り。



中学校での生活がどうなるか分かりませんが、運動部に入りたいようなので、部活を頑張りつつ、ちょっとほんとにそろそろ勉強もしてね。って感じで3年間頑張ってもらおうと思います。


英語はWebレッスンを週に2回ほど受けるだけになりそうですが、細々維持できたらいいな。



にほんブログ村

別窓 | りゅうちん英語育児 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  2504

英検準1級 二次面接結果


いつもいつもかなり出遅れた感がありますが(;'∀') 

なんとりゅうちん、二次面接合格していました。

IMG_20170228_222357.jpg

100%落ちた、というのは大げさではなく、りゅうちんの話を聞いてる限り受かっているわけないと思っていたのですが・・・。

採点方法、というか、基準が本当に知りたい!

というか、どんな質問だったのか知りたいです~~~(りゅうちんは受けた直後から何聞かれたか分からんって言ってたので^^;)


本人も本当に驚いたようで「え!?あれで!??」って言ってました(~_~;)

「俺、こんなんやったけど???」ってめっちゃ挙動不審な様子を再現してくれましたし^^;;;


何はともあれ、何がうれしいって、もう会場に連れていかなくていい!!というところでしょうか。


たっくんは小学校の間に、というのはちょっと難しそうだしなぁ。

ハルくんは問題外だしな~~(;'∀')


しばらく我が家は英検とは無縁の生活を送れそうです。


準1級を1年受けてみて思ったこと。

いくら親子英語をしていても、やっぱり準1級以上は対策必要!!ということでしょうか(~_~;)



無駄な時間とお金をかけないためにも、準備できるようになってから受けるのが賢いのかもな~と。

わたしの予定ではもうちょっと早く受かるかなって思ってたんですが^^; りゅうちんが想像以上に作文能力がなかった・・・・・・・・・




ともあれ、りゅうちんの親子英語は本当に終了!と言ってよさそうです^^


にほんブログ村

別窓 | りゅうちん英語育児 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  2503

100%落ちた(;´・ω・)

りゅうちん、準1級の面接へ行ってまいりました。


正直練習回数が片手で足りるぐらいで、しかも1回もうまくいかなくて無理かなって思ってはいたんですが、やっぱりナレーションが本番でも短すぎたようです。


でも4コマ漫画のナレーションで、話している文章の量は模範解答と同じぐらいなんですよね。

模範解答をゆっくりめに読ませても1分過ぎたぐらいで終わってしまう。

かといってこれ以上付け足すのは無理、と、オンラインで見てもらった先生にも言われて、できるだけゆっくり読むしか解決法はないかなって言われてました。


で、本番。

子どもの面接って私的にはどの面接官に当たるかが大きいような気がするんですが、今回は能面のようなニコリともしない、とっても怖い日本人のオバサンだったらしく・・・・・


緊張も倍増したようで(;'∀')


ナレーションは終わったときに

「you still have 30 seconds.」と言われたそうで、でもそのまま終わってしまったそう。

でもあとになって「もしかしたら30秒しか言ってないって言われたかも」と言い出し・・・・・ オイオイ(~_~;)

もし1分半だったとしたら、まぁそれだけで落ちた!と騒ぐのは時期尚早だと思うんですが、話はまだ終わりません^^;;





質問は、4問。

最初の質問はものすごくシンプルに答えてしまい、残り3つの質問は、意味がわからなかったようです。

2つは答えたけど面接官が「ん?ん??」っていう感じだったらしく、最後の質問は全く答えられなくて口ごもった後、I'm sorryって謝ったって言ってました^^;;;;


これでは・・・・・ どんなに楽観的に見積もっても受かることは本当になさそうです。


練習してたとしても、質問の意味がわからなかったんなら、同じ結果だっただろうな。




本人は「今度は受かりたい・・・・」って言ってますが、それは準1級に受かりたいと!!!いうより、もうやりたくないからっていうことだと思います。

悔しいというより、恥ずかしかったんだと思います^^;


筆記は別に恥ずかしくないから落ちてものほほんとしてますが、また面接・・・と思うと、もう次で最後にしたいと思うみたいですね^^;;;


でもりゅうちんの場合、自分の意見を述べるっていうのは作文と同じで、そもそも苦手なんだろうなと思います。



今からみっちり6月までやれば・・・と思いますが、3月はめちゃくちゃ忙しくて、4月に入ってからになりそうです。

そして4月から中学生になるので、ちょっと予定がよめません。


とりあえず、1回目は玉砕って感じですね・・・・。



にほんブログ村

別窓 | りゅうちん英語育児 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| やり直し☆バイリンガル育児 | NEXT