やり直し☆バイリンガル育児

2004年6月生まれ、長男りゅうちんと2008年10月生まれの次男たっくん、2012年4月生まれの三男ハルくんの英語育児記録です(^^)/
No  2071

親からは学べないもの

ネイティブではない親なので、語りかけるにしてもそれぞれの限界があります。

私も生活のほんの1~2割ぐらいだったとはいえ、語りかけをしていたのはりゅうちんが5,6歳までが限界でした。


まず子供の行動範囲が広がって、保育所でもいろんな経験をするけど、それを英語で言い換えられない。

戦いごっこやヒーローものの英語になると、ホント、全然わかりませんでした^^;

私の知っている範囲では、限られた表現しか出来なかったので、付き合うのも大変で、日本語の表現に比べると乏しくてあまりにも拙かったので、その頃からヒーローものは、テレビに任せることにしました^^;


そして語りかけも、いつしかなくなっていきました。

私が面倒になった、というのが一番かな・・。 日常生活で使う英語はもうわかっているし、小学校でこんなことがあった、あんなことがあった、というのは本人も日本語でパッと言いたそうだったので、それをわざわざ英語で!と要求するのもオカシイ話かなと思い始めたこともあります。


今はBEN10、ドラゴンボールごっこ?を2人でするときは2人ともセリフの真似をしているんでしょう、ものすごくいっちょまえな話し方をしています。

「come on, dude!」

とか、呼びかけのdude、テレビ見てるとほんとよく出てきますが、もちろん私の使用語彙にはありません(;´∀`)

「what the heck!」

とか、しゃべりの大したことないたっくんが言ってると、なんか笑えます。


あと、ステイしていたウェールズの男の子もよく言ってましたが、最近のりゅうちんの口癖は

「what the....」

です(笑)

これもりゅうちん、たっくんが見るテレビをよく聞いていると、しょっちゅう聞こえてきます。


こういうのって、ネイティブじゃない親からは学べないことなのかな~と。

ちょっと大きくなってきた男の子同士の話し方なんて、私、分かりませんから~~~(^_^;)

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<久しぶりに帰国子女くんたちと(^^) | やり直し☆バイリンガル育児 | オンライン英会話は、デスクワーク?>>

この記事のコメント

No.10106
DVD で見た表現がそうやってしみこんでいくってのが羨ましいです。
うちではあり得ません。
それがあるのかないのかでホントに発語に差が出るのかと。
のめり込み具合もあるのかもしれませんが、個性が大きいかなぁと思います。
2014-12-12 Fri 12:17 | URL | あきまさ #- [内容変更]

No.10107 Re: タイトルなし
>あきまささん☆

個性よりも、もしかしたら使う場が、あるかないか、かもしれません~。
私しかいなかったら、使う相手がいないからこんな風にならなかったかも。そう思うと兄弟や英語で話せるお友達って大事だな~と・・
あと同性であることって、男児にとってはより大事かもしれません。
女の子の話し相手は大人でもできるけど、男の子の話し相手を同レベルでできる大人はなかなかいなさそう(特にママ)。

2014-12-12 Fri 13:52 | URL | りゅうママ #- [内容変更]

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やり直し☆バイリンガル育児 |