やり直し☆バイリンガル育児

2004年6月生まれ、長男りゅうちんと2008年10月生まれの次男たっくん、2012年4月生まれの三男ハルくんの英語育児記録です(^^)/
No  2387

ヤングアメリカンズ 報告

完璧に親の私が無理やり参加させる形で強行したヤングアメリカンズ。

きっと楽しいよ、とかそういう正論は全く通用しない我が子たちなので、当日までもう全く触れずに過ごし、当日は「行きたくないな~」という2人をサラっと受け流し、電車の中でゲーム出来るよ♡おやつ買ってあげるよ♡的なもので誤魔化しつつ、連れて行きました^^;


とりあえず嫌だったようで、私も連れて行ってから兄弟離れることに改めて気づき、新しい場所が全然ダメな2人がボッチくんになってしまうことを思い、胃が痛みましたが・・ なんとか3日間、無事に参加することができました!!

が、毎日「行きたくない~」とブツブツ言いながら、終わった後も「絶対二度と来ない!!」と豪語していましたが(;´∀`)


でも、2人ともショーで踊った歌を、今でもずっと歌って踊ってるんですよねえ。 

「楽しかったんちゃうの??( ̄ー ̄)ニヤリ また行く?」と聞くと、絶対嫌!!と言うんですが(笑)


わたしは練習を見るのも楽しかったし、おなじみのお友達や久しぶりのお友達にも会えて良かったんですが・・・ とにかくハルくんがめんどくさい(;´д`)

朝から晩までず~っと外で、何もすることなくて、そりゃ退屈やんね~(;´д`)

早起きなのに昼寝も出来ないし、ホント、めっちゃ疲れたと思います。


正直私もめちゃくちゃ疲れました。

3日目は午前の練習を見たら夕方のショーまで会場にはいられないので夕方までどうやってハルくんと過ごすか頭を悩ませました。

大人しい子ならカフェとか行けるのかもしれませんが、ハルくん暴れん坊なので・・・。

で、会場の近くに住むオンラインの生徒さんにいい場所はないか聞いてみたところ、GW中だというのに家に招待してくださって・・・ 2時間ほどお邪魔させていただくことに。

本当~~~~~ に、ありがたかったです~~~・゜・(ノД`)・゜・



クタクタ加減は本当に半端なかったですが、あのショーはそれだけの価値があるかなぁって、本当に思います。

りゅうちんもたっくんも、とにかく後ろに後ろに行くからホント見えないんだけど、りゅうちんは高学年なので男子の人数が少なく、男子だけのパートでは隠れきれずに見えたし(笑)

何よりたっくんはラップでソロのパートをいただいて、ビックリしました~~~!!

ボッチだったからかわいそうだったのかしら~^^;;;

りゅうちんに英語で話していたのを聞かれた時に声をかけられたらしいのですが・・・ 


おかげで今回は2人の姿を舞台で見ることができました(*´∀`*)

りゅうちんはほんとに目立ちたくなかっただろうに・・^^; 頑張りました。

たっくんも上手でした☆

中学生になると男子の数はもっと減り、もうダンスを習っているような感じの子しかいないので、ここに参加しろとはさすがに言えない・・・^^; ということでりゅうちんは最後のヤングアメリカンズになりました。


たっくんはもう行かないと言ってるけど、もしかしたらまた・・・ と、まだ思ってしまう私(;´∀`)



そんな感じの我が家の地味なヤングアメリカンズでした。

うちはネガティブなこと書いてますが、ほとんどのお子さんたちは「すっごく楽しかった~♡」となっていることでしょう(*´∀`*)



にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やり直し☆バイリンガル育児 |