やり直し☆バイリンガル育児

2004年6月生まれ、長男りゅうちんと2008年10月生まれの次男たっくん、2012年4月生まれの三男ハルくんの英語育児記録です(^^)/
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  2480

圧倒的な日本語に勝てない(;_;)

うちは上の2人は1歳半からかたりかけを始めて、主に語りかけと絵本、DVDが主流というか、それしかしていないような感じです。

たっくんに至っては、それも全然出来ていませんでしたが兄弟効果もあって、なんとか今、普通に話すぐらいは困らず出来ていると思います。


日本語を話す前から、話し始めると同時に・・・という親子英語もある一方で、日本語が確立してから始める親子英語もけっこう多いと思うのですが・・・

そこからどうやって話せるようになるものなのか、ハルくんの圧倒的な日本語の前でどうしていいか分からない私には、ちょっと想像がつきません。



それでもハルくんは言ってることが分かる、片言英語なら話す、というアドバンテージがあるにも関わらず、突然日本語ばかりの世界から英語の語りかけなどを始めて、多少の拒否があったとしても、2,3ヶ月経つとアウトプットが出てきて・・という話を聞くと、本当に、単純に

「どうやって????」

と思います( ̄▽ ̄;)


おそらく成功例のお子さんは柔軟な感性の持ち主というか、何かやっぱりあるのかなぁ。

ほとんどは何言ってるの?? やめて、ってなるような気がします。


そしてそこからはお子さんの性格や好きなものを見極めての取り組みになってくるんだと思うのですが、ペラペラになるまで時間がかかる気がするんですが・・・普通は・・・どうなんだろう。



ちなみにハルくんは英語を話すのをやめて!と言うことはほとんどなくなりましたし、簡単な会話ならこっちが英語で話せば英語で返してきますが、言えることが日本語に比べると極端に少ないのですぐに日本語になります。

しかも日中の大半をウルトラマンごっこをしてるので、こっちが一言言うと、すごい早口ですごい勢いで、たくさんの文をバー!!っと日本語で返してきます。

それを英語で言い直すことも、盛り上がってるハルくんには不自然な気がして^^; なかなか出来ません。

相槌だけは英語で返しますが、そのあとまたバー!!っと鬼のような日本語が出てきます。



つ・・・・ 疲れる・・・・・。

ただでさえ戦いごっこを英語でするなんて、こっちのテンションは上がらないわ、表現全部分かるわけじゃないわで、疲れるのに・・・。


これが女の子のままごとなら、お買い物ごっこなら、日常会話に通じるところがあるのでいいインプットアウトプットになるんだけどなあ。


一概に言えない、とはいえ、やっぱり男の子の英語はメンドくさい・・・・・(;´∀`)



この圧倒的な日本語の前で、ど~~していいのやら、本当に分かりません。

インプット量は間違いなく成功例のおうちに比べたら、10%にも満たないぐらい少ないのかもしれないな~と思うのですが・・・

これ以上、3人目に時間を割くのは、なかなか難しいです。



↑と、ここまでが少し前に書いた記事なんですが・・・・ この週末ちょっと変化があったので、また明日続きを書こうかなと思います☆



にほんブログ村

スポンサーサイト

別窓 | ハルくん英語育児 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<英語モードのスイッチが☆ | やり直し☆バイリンガル育児 | 英検の申し込み>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やり直し☆バイリンガル育児 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。