やり直し☆バイリンガル育児

2004年6月生まれ、長男りゅうちんと2008年10月生まれの次男たっくん、2012年4月生まれの三男ハルくんの英語育児記録です(^^)/
No  2497

オーストラリアで思った、子どもの英語のこと

今回は旅行だったので、子どもたちがネイティブの子達と関わることはほぼ皆無でした。

オーストラリア人の友達に実家での家族の集まりに招待してもらって、そこで友達の弟のところの子供たちと一緒にちょこっと遊んだぐらいかな??

そこでは「この子たちの英語アメリカ英語だよねえ」と言われました。ふざけた冗談やセリフもアメリカっぽいそうです。



あとは非ネイティブの私の台湾人の友達の子供たち。

上の子は6歳で小学校に1年ほど通っていて、それまでは週に2回ほど保育所的なところに通っていたようです。

下の子は3歳で、週に2回行き始めたところのようで、英語は本当にカタコトというか、少しわかる程度かな。


上の子は普通に小学校に通っているものの、うちの子たちと比べるとまだ話せない方でした。

逆に友達が「りゅうちんとたっくんと遊んでうちの子の英語が伸びるわ~♥」と喜んでいたぐらい(笑)


オーストラリアは多国籍なので、フードコートや買い物するにしても、ネイティブじゃない人の英語をたくさん聞きました。

お互い通じづらい・・・・(笑) でも、英語ができると便利だな~~と旅行中、何度も思いました。



1つ思ったのは、ネイティブの子の英語とうちの子たちの英語はやっぱり全然違うな、ということ。

普段あまりネイティブの英語を聞かないのでなんとも思いませんでしたが、何が違うんだろう?発音かなぁ??


それでも子どもたちが遊んでいるのを聞く限り、「え?」となることも特になく、おかしな冗談も通じてるし、意思疎通は本当に問題ないなあ~~と。


ネイティブのように完璧な発音で完璧な文法で話せなくても、普通に通じる英語を話せていることにちょっと感動。

もちろんネイティブのようなら、なお嬉しいですが(笑)



が!!!

子供達と遊んだほんの数日を除いて、2人が英語を話すことはありませんでした^^;

本当にスゴイわ、うちの子達・・・・・・・・・・(;^ω^)


それぐらい自分で言えるやん?ということでも「おか~さん言って」と。どんだけ内弁慶なん??(;´∀`)


逆に全然できないハルくんが「ハルくんが言う!!」とか言って、スーパーでバターがどこにあるかとか聞いてくれたり。


旅行が終わっても3人とも英語に変化はありませんが、連れて行って良かったな~、最初から最後まで楽しめる旅行になって良かったな~と思います☆


細々と続けていればもう消えることはないと思うから、将来旅行に行ったり、街で困った外国人に出会ったりしたときに困ることがない人生をプレゼント出来たかな?と思うと、やってきて良かったな~~と 今回本当に思いました(*´∀`*)




にほんブログ村

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<オーストラリア写真集♥ | やり直し☆バイリンガル育児 | あけましておめでとうございます☆現実逃避終了^^;>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やり直し☆バイリンガル育児 |